17.00 - 17.05 - ResUsageマクロおよびテーブルについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

リソース利用マクロを使用して、リソース使用情報のデータをレポートできます。リソース使用利用情報のテーブルを有効にすると、以下のことを実行できます。

  • ディスクとCPUの使用率のバランスの監視
  • pdiskの利用状況の情報の取得
  • ボトルネックの検査
  • システム操作の包括的な履歴の提供
  • AMPワーカー タスク(AWT)の使用状況のモニター
リソース利用情報のデータは、以下の目的に貢献します。
  • システム パフォーマンスの測定
  • 構成要素のパフォーマンスの測定
  • オンサイト ジョブ スケジューリングの補助
  • パフォーマンスへの影響の可能性の識別
  • インストール、アップグレード、および移行の計画
  • パフォーマンスの低下と向上の分析
  • ボトルネック、並列処理による非効率、停止中の構成要素、および輻輳などの問題の識別