17.00 - 17.05 - 識別列のあるBTEQジョブでの再始動およびアボート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

BTEQのインポート中に再始動が行なわれると、BTEQは、システムが再始動から回復した後に、最後の未完了の行挿入の実行を再度依頼します。識別列の番号付けは、ここから継続します。しかし、直前の挿入が完了している場合でもBTEQが再挿入を行なうことがあるので、再始動によって重複が生じる可能性があります。相手表がMULTISETであり、UPIで定義されていなければ、重複は検出されません。

メインフレーム接続のBTEQのインポート中にセッション アボートが発生した場合は、最後の未完了の行挿入の再実行依頼は行なわれず、関連データが失われる可能性があります。ワークステーション接続BTEQのインポート セッションがアボートされて、挿入を再び実行依頼する他のセッションが存在しない場合にも、関連したデータが失われることがあります。

どちらの場合も、対象となるテーブルがUPIと共に定義されていない限り、セッションのアボート前に新規に挿入された行を消去しなければ、手動でインポートを再始動すると行の重複となる可能性があります。