17.00 - 17.05 - フォールバック テーブルの指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

フォールバックは、異なるAMPまたは「フォールバック」AMPにテーブルの永久データの各行のコピーを自動的に保存することにより、テーブル レベルでのデータ保護を行ないます。

AMPが失敗した場合、Advanced SQL Engineがフォールバック コピーにアクセスして稼動を継続できます。AMPがクラスタ化されている場合、ダウンしていたAMPをオンラインに戻すと、フォールバックはそのAMPの自動回復も行ないます。

CREATE/ALTER TABLEコマンドを使用してフォールバックを定義します。フォールバック保護したテーブルは、非フォールバック テーブルの2倍の固定領域を占有し、挿入、更新、削除に2倍のI/Oを要します。しかし操作の継続とデータの整合性という長所は、この領域に十分に値します。

以下に対してフォールバックを定義できます。

  • プライマリ データ テーブル
  • セカンダリ インデックス サブテーブル
  • 集約結合インデックスを含む、あらゆる種類の結合インデックス
  • ハッシュ インデックス
  • データベース
  • ユーザー

フォールバックには以下のような利点があります。

  • AMPがオフラインの場合にテーブル データにアクセスできる。
  • ソフトウェア エラーが原因でデータが使用できなくなった場合に、アクセス性と整合性が保護される。
  • ディスク アレイRAIDを超えるデータ保護レベルを追加できる。
  • オンラインに戻ったときに、オフラインAMPに行なった変更を自動的に適用する。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。