17.00 - 17.05 - 特定のユーザーまたはアカウントのDBQLロギングの終了について - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロギングを停止する準備ができたら、DBQLのロギングを有効にしたアカウントを指定します。例えば、以下の文を発行したとします。

BEGIN QUERY LOGGING WITH OBJECTS ON APPLNAME='FASTLOAD';

ロギングを停止する場合は以下の文を使用します。

END QUERY LOGGING ON APPLNAME='FASTLOAD';
END QUERY LOGGING文のWITHオプションのサポートが終了します。このオプションを使用すると、次のメッセージが表示されます。"Warning: Deprecated option WITH is used and will soon be removed."
Teradataでは、ロギングを使用可/使用不可にするスクリプトを使用し、入力ミスを防ぐことを推奨しています。
APPLNAMEオプションで指定するアプリケーション名は、システムによってLogonSource文字列で渡されます。(一般的なLogonSource文字列のアプリケーション名のリストは、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「アプリケーション名」を参照してください。)