17.00 - 17.05 - テーブルのマップを変更するための簡単なプロセス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
次に、テーブルが使用するマップを変更するための簡単な方法を示します。
  • TableToSparseMapSizingV(X)ビューに対してクエリーを実行します。このビューでは、各テーブルのマップを推奨し、現在のマップを変更する時期を指定します。
    例えば、次のリクエストは、現在は連続マップを使用しているテーブルで、スパース マップの使用を推奨するテーブルのリストを生成します。
    SELECT DatabaseName, TableName FROM TDMaps.TableToSparseMapSizingV WHERE RecommendedMap LIKE '%Sparse%' AND CurrentMapKind = 'C';
    次のリクエストは、現在使用しているマップ タイプとは異なるタイプ(スパースまたは連続)を使用するように推奨するテーブルのリストを生成します。
    SELECT DatabaseName, TableName FROM TDMaps.TableToSparseMapSizingV WHERE MapOk = 'N';
  • テーブルに別のマップを使用することを決定した場合は、ALTER TABLEリクエストを発行して別のマップの名前を指定するか、またはこのセクションで後述するMoverストアド プロシージャを使用します。ALTER TABLEを使用するには、変更するテーブルに対するDROP権限が必要です。マップのALTER TABLEリクエストの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。