17.05 - JSON_KEYSを使用したキー名の表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

例では、サンプルの河川流量データ セットを使用します。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。サンプル データ セットの信頼証明および格納場所の値については、例の変数置換を参照してください。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. 存在しない場合は、riverflow_jsonという名前の外部テーブルを作成するか、データベース管理者に作成を依頼します。JSONの例を実行するための設定を参照してください。
  3. JSON_KEYS関数を実行して、riverflow_jsonという名前の外部テーブルによってアクセスされているJSONオブジェクトのペイロードに含まれるすべての属性の名前を表示します。これらの属性が表示されたら、これらの属性のいずれかを、SQL文のDOT表記を使用したSELECT句内で指定して値を表示するか、WHERE句で指定して表示のために返されるレコードを制限することができます。
    SELECT DISTINCT * FROM JSON_KEYS (
      ON (SELECT payload FROM riverflow_json)
    ) AS jsonKeys;

    結果:

    JSONKeys
    ----------------
    "BatteryVoltage"
    "Flow"
    "Precipitation"
    "Conductance"
    "Velocity"
    "datetime"
    "WaterVelocity"
    "GageHeight2"
    "site_no"
    "Temp"
    "GageHeight"

    結果はSELECT TOP Nの結果とは異なり、すべてのレコードに属性が含まれているわけではないため、TOP Nは属性の部分集合のみを含むレコードを返す場合があります。

    異なるヘッダーを持つ複数のファイルが場所にある場合は、すべての結果のファイルのすべてのヘッダーが表示されます。