17.05 - CSVの例を実行するための設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

NOSを使用するには、Advanced SQL Engine内に外部テーブル定義を作成し、アクセス権限のある任意の外部オブジェクト ストアでそれを指すと、Teradata Vantageのすべての分析機能を使用してデータを探索できます。NOSテーブル定義は、外部テーブルと呼ばれます。外部テーブルは、構造化されたリレーショナル形式で外部データを使用できるようにし、データベース内の他のリレーショナル テーブルに集約または結合できるようにします。

外部サーバーを介して読み取られたデータは、データベースに自動的には格納されず、そのクエリーによってのみデータを参照できます。外部CSVデータのデータベースへのロードに示す手法を使用して、データをデータベースにロードできます。

例と結果は、河川流量のサンプル データ セットを示しています。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. Teradataが提供する例で使用する外部テーブルを作成するか、データベース管理者に作成を依頼します。
    CREATE FOREIGN TABLE riverflow_csv
    , EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED DefAuth
    (  Location VARCHAR(2048) CHARACTER SET UNICODE CASESPECIFIC,
       Payload DATASET INLINE LENGTH 64000 STORAGE FORMAT CSV
    )
    USING (LOCATION('YOUR-STORAGE-ACCOUNT'));

    サンプルの河川流量データ セットの信頼証明と場所の値については、例の変数置換を参照してください。