17.05 - READ_NOSを使用したParquetスキーマのプレビュー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
Parquetデータのスキーマを表示するには、READ_NOSテーブル演算子をRETURNTYPE('NOSREAD_PARQUET_SCHEMA')句と共に使用します。

例と結果は、河川流量のサンプル データ セットを示しています。独自のデータを使用するには、テーブル名、列名、および許可オブジェクトを置き換えます。

  1. NOS関連コマンドを実行するには、必要な権限を持つユーザーとしてデータベースにログオンします。
  2. Parquetデータのスキーマを表示します。
    SELECT * FROM READ_NOS_FM (
    USING
    STOREDAS('PARQUET')
    FULLSCAN('TRUE')
    RETURNTYPE('NOSREAD_PARQUET_SCHEMA')
    LOCATION ('YOUR-STORAGE-ACCOUNT')
    ) AS D;

    サンプルの河川流量データ セットの信頼証明と場所の値については、例の変数置換を参照してください。

    結果は次のようになります。

    Location /S3/td-usgs.s3.amazonaws.com/PARQUETDATA/09394500/2018/06/27.parquet
            ParquetColumnName GageHeight2
    ParquetColumnPhysicalType DOUBLE
    ParquetColumnLogicalType NONE
                 TDColumnType FLOAT
       ParquetColumnPrecision           0
           ParquetColumnScale           0
       ParquetColumnMinLength           0
       ParquetColumnMaxLength           0
          ParquetColumnIsNull    1
             ParquetColumnPos    1
                     Location /S3/td-usgs.s3.amazonaws.com/PARQUETDATA/09394500/2018/06/27.parquet
            ParquetColumnName Flow
    ParquetColumnPhysicalType DOUBLE
    ParquetColumnLogicalType NONE
                 TDColumnType FLOAT
       ParquetColumnPrecision           0
           ParquetColumnScale           0
       ParquetColumnMinLength           0
       ParquetColumnMaxLength           0
          ParquetColumnIsNull    1
             ParquetColumnPos    2
    [...]
    読みやすくするために、出力は縦に表示しています。