1.7 - アプリとスクリプトのカスタムの可視化データの消費 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter ユーザー ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.7
created_date
2018年12月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-1111-128K-JPN

ユーザー、管理者

AppCenterは、1回またはスケジュール通り実行するアプリおよびSQLスクリプトのカスタムの可視化のアップロードをサポートします。

  1. アプリまたはSQLスクリプトで、任意のSELECTステートメントを実行します。次の形式のJSONデータを取得します。
    {  
       "queueDuration":1,
       "queryDuration":175,
       "results":[  
          {  
             "resultSet":true,
             "data":[  
                {  
                   "name":"user1",
                   "address":"santa clara"
                },
                {  
                   "name":"user2",
                   "address":"san jose"
                }
             ],
             "rowCount":12,
             "rowLimitExceeded":false
          }
       ]
    }
    
  2. 可視化コードで、抽出したデータを実行時に挿入する$$$$$$を追加します。例:
    <html>
    	<head>
    		<meta content='text/html; charset=utf-8' http-equiv='Content-Type' />
    		<script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.12.4/jquery.min.js"></script>
    	</head>
    	<body>
    		<script type='text/javascript'>
    	  $(document).ready(function() {
    		 var data = $$$$$$;
    		 $('div p').text(JSON.stringify(data)); //converting the data to string for display
    		 });
    	</script>
    		 <div style="width: 100%; height: 100%; width: 100%;">
    			  <p></p>
    		 </div>
    	</body>
    </html>