1.7 - streamResultsFromQuery API - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter ユーザー ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.7
created_date
2018年12月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-1111-128K-JPN

目的

streamResultsFromQuery APIクエリーは、Teradata Database、Teradata Vantage、Aster Database、Presto、およびHiveシステムに対してクエリーを実行し、結果をInputStreamとして返します。

Javaコード例

InputStream queryResultStream = client.streamResultsFromQuery(query);

結果の例

次の例で、出力のJSON"columns"セクションには各列の名前とタイプを示す列メタデータが含まれており、"data"セクションにはクエリーのデータが含まれています。
{
  "queueDuration": 33,
  "queryDuration": 47646,
  "results": [
    {
      "resultSet": true,
      "columns": [
        {
          "name": "issue",
          "type": "varchar"
        },
        {
          "name": "issue_count",
          "type": "bigint"
        }
      ],
      "data": [
        {
          "issue": "APR or interest rate",
          "issue_count": 125
        },
        {
          "issue": "Account opening, closing, or management",
          "issue_count": 804
        },
        ……
      ]
    }
  ]
}