例: 入力引数からの関数の作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例は、SELECTリクエストのFROM句内の前回の相関subquery(表示されない)からの入力に基づいて変数の入力引数を取り込みます。関数定義はXMLテキストを入力しますが、これは後に構文解析され、顧客ID、店番号、および購入される品物のセットが抽出されます。出力からは購入される品物につき1行と、関数定義で定義された表内の既存の列に基づく列が生成されます。

    CREATE FUNCTION xml_extract( xml_text VARCHAR(64000))
      RETURNS TABLE (cust_id INTEGER,
                     store   INTEGER,
                     item    INTEGER)
    LANGUAGE C
    NO SQL
    EXTERNAL;