例: 3次元ARRAY型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

以下に示す例ではいずれも、UDT measures_udtに基づいてseismic_cubeという3次元ARRAY型を作成します。そのUDTのSQL作成テキストは以下のとおりです。

     CREATE TYPE measures_udt AS (
       amplitude INTEGER,
       phase     INTEGER, 
       frequency INTEGER);

最初の例では、Teradataスタイルの構文を使用し、すべての要素をNULLに初期化します。

     CREATE TYPE seismic_cube AS 
       measures_udt ARRAY [1:5][1:7][1:20] 
     DEFAULT NULL;

次の例でも、Teradataスタイルの構文を使用しますが、要素をNULLに初期化しません。

     CREATE TYPE seismic_cube AS 
     measures_udt ARRAY [1:5][1:7][1:20];