17.05 - 例: ArrayおよびPeriodデータ型のJava UDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
次の文ではphonenumbers_aryという名前のユーザー定義型を配列として作成します。
CREATE TYPE phonenumbers_ary AS CHAR(10) ARRAY[5];
次の文ではMYINTという名前のユーザー定義型を整数として作成します。
CREATE TYPE MYINT AS INTEGER FINAL;
UDFは、phonenumber_ary型パラメータとPeriod(date)型パラメータを使用して作成され、MYINT型の値を返します。
CREATE FUNCTION getPhoneNums(parameter_1 phonenumber_ary,
                  parameter_2 Period(Date))
        RETURNS MYINT
        LANGUAGE JAVA
        NO SQL
        PARAMETER STYLE JAVA 
        EXTERNAL NAME 
        'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.getPhoneNums';
次に、Java UDFのHELP FUNCTIONの例を示します。
HELP FUNCTION getPhoneNums;
*** Help information returned. 3 rows.
 *** Total elapsed time was 1 second.

Parameter Name                 Type Comment
------------------------------ ---- -----------------------------
parameter_1                    A1    ?
parameter_2                    PD    ?
RETURN0                        UT    ?