17.05 - CREATE RECURSIVE VIEWおよびREPLACE RECURSIVE VIEW - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

再帰的ビュー定義を作成または置換します。

行レベル セキュリティで保護されたテーブルで定義されているどの再帰的ビューも、そのビュー定義に行レベル セキュリティ制約列を含んでいなければなりません。

ANSI準拠

CREATE RECURSIVE VIEWは、ANSI SQL:2011規格に準拠しています。

REPLACE RECURSIVE VIEWは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

必要な権限

CREATE RECURSIVE VIEW構文を使って新規の再帰ビューを作成する、またはREPLACE RECURSIVE VIEW構文を使って新規の再帰ビューを作成するためには、CREATE VIEW権限が必要です。再帰的ビューが存在しない場合にREPLACE構文を使った場合、ビューを作成することしかできません。

既存の再帰的ビューを置換するには、ビューまたはそれを含むデータベースに対するDROP VIEW権限が必要です。

作成者には、新しく作成される再帰的ビューに関するWITH GRANT OPTION付きのDROP VIEW権限とSELECT権限が付与されます。

所有者以外のユーザーが再帰的ビューにアクセスする必要がある場合には、基本となるテーブルおよびビューにアクセスするために再帰的ビューの直接所有者に必要なすべての適切な権限を再帰的ビューのユーザーにもWITH GRANT OPTION付きで与えることが必要です。

再帰ビューから基本テーブルを更新することはできません。次のSQL DML文を使用して再帰ビューを参照することはできません。

  • DELETE
  • INSERT
  • MERGE
  • UPDATE

そのため、再帰的ビューに対する更新操作に関連した権限は存在しません。

自動的に与えられる権限

新しいビューを作成する場合、次の権限が自動的にビューに付与されます。
  • DELETE
  • DROP VIEW
  • GRANT
  • INSERT
  • SELECT
  • UPDATE