17.05 - 例: 単一のユーザーとアカウントを除外してリクエストをロギングする - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQLについてすべてのユーザーをロギングしますが、myuser2アカウントと'marketing'のペアからの要求はロギングしません。myuser2がアカウント'marketing'で要求を実行したときには、DBQLは要求をロギングしません。ただし、myuser2が'sales'アカウントでログオンする場合、DBQLが要求をロギングし、システムはmyuser2:'sales'のSQLテキストをDBC.DBQLSQLTblで取得します。

myuser2に既存のルールを置換する場合は、REPLACE QUERY LOGGINGリクエストを実行するか、END QUERY LOGGINGリクエストの後で新しいBEGIN QUERY LOGGINGリクエストを実行します。REPLACE QUERY LOGGINGEND QUERY LOGGINGを参照してください。

これらの2つのリクエストは、すべてのユーザーに対してSQLでの問合わせロギングを有効にしますが、myuser2:'marketing’ペアのリクエストは除外します。

     BEGIN QUERY LOGGING WITH SQL ON ALL; 
     BEGIN QUERY LOGGING WITH NONE ON myuser2 ACCOUNT='marketing';

これら2つのリクエストは、myuser2:'marketing’ペアを除き、SQLについてすべてのユーザーをロギングするルールを削除します。

     END QUERY LOGGING ON ALL;
     END QUERY LOGGING ON myuser2 ACCOUNT='marketing';

既存のルールを新しいルール セットで置換するには、REPLACE QUERY LOGGINGリクエストを実行します。REPLACE QUERY LOGGINGを参照してください。