17.05 - CONSTRAINT - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

最大6つの階層制約と2つの非階層制約をプロファイルごとに割り当てることができます。

行レベル セキュリティ制約の詳細は、CREATE CONSTRAINTを参照してください。

変更は、プロファイル定義が変更された後にプロファイル メンバーが次にログオンしたときに有効になります。

row_level_security_constraint_name
1つまたは複数の行レベル セキュリティ制約の名前。その後にprofile_nameに割り当てられている、制約に有効な階層レベルまたは非階層カテゴリのリストが続きます。
level_name
階層レベルのリスト。階層レベル制約割り当ての例:
CONSTRAINT = Classification_Level (Secret, Unclassified DEFAULT)
DEFAULT
DEFAULTは階層制約のレベルの指定リストの1つの分類レベルに対して指定できます。ここで指定するレベルは、プロファイルが割り当てられるユーザーのセッションが確立される際に、制約のデフォルト値になります。
リストされている分類レベルに対してDEFAULTを指定しない場合、リストされている最初のレベルがプロファイルのデフォルトになります。
DEFAULTは非階層制約に有効ではありません。
category_name
非階層カテゴリのリスト。例の非階層カテゴリ制約割り当て:
CONSTRAINT = Classification_Country (US, UK, GER)
制約がすでにプロファイルに割り当てられている場合、その制約に対して指定するレベル名およびカテゴリ名によって既存のレベルと制約の指定が置き換えられます。
NULL
以前プロファイルに割り当てられた制約に対しNULLを指定した場合、その制約はプロファイル定義から削除されます。