17.05 - 例: Pathpattern定義を使用した外部テーブルの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の使用例は、PATHPATTERNオプションを設定して外部テーブルsensordataを作成します。

$Var1/$Var2/$var3/$Var4/$date

LOCATION句にはバケットの下に2つのレベル(データとログ)のみが含まれますが、パス パターンには他のいくつかのレベルが指定されます。LOCATION文字列はキー接頭辞のみを特定し、調べる対象の実際のデータ セット内にはその下に多くのレベルがあることも可能です。また、LOCATION文字列内のログ エントリには、logsdailyのような長い名前も含めることができます。

CREATE MULTISET FOREIGN TABLE sensordata (
    Location VARCHAR(2048) CHARACTER SET UNICODE CASESPECIFIC,  
    Payload JSON(8388096) INLINE LENGTH 32000 CHARACTER SET UNICODE) 
USING (   
    LOCATION ('/S3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/data/logs')   
    PATHPATTERN ('$Var1/$Var2/$var3/$Var4/$date') 
)   
NO PRIMARY INDEX;