17.05 - 詳細統計の応答順序(単一レコード モードと標識モード) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

結果は、複数の列から構成される単一のレコード パーセルとして返されます。この列には、統計を収集した列の基になるデータ型が維持された値が含まれます。レコード モードまたは標識モードで実行されている場合、SHOW STATISTICS ... VALUESリクエストで次のテーブルの列とデータ型の属性が報告されます。

返されたすべてのヒストグラム間隔に対して一度報告される情報

この情報のセットは、返されたすべてのヒストグラム間隔に対して一度報告されます。

属性 説明 データ型
Version 統計の収集に使用したCOLLECT STATISTICS構文のバージョン番号。 BYTE
Collect TimeStamp 列またはインデックス セットに対して最初に統計を収集したときのタイムスタンプ。 TIMESTAMP(0)
LastAlter TimeStamp 列またはインデックス セットに対して最後に統計を収集したときのタイムスタンプ。 TIMESTAMP(0)
DBSVersion 使用するサーバー上にあるVantageソフトウェアのバージョン番号。 VARCHAR(32)
SamplePct 統計がサンプリングされている場合は、その統計の収集に使用したサンプル割合。 DECIMAL(5,2)
UsageType 使用状況がサマリーまたは詳細のどちらであるかを示すために使用するコード。
  • Sは、サマリーを使用しています。
  • Dは、詳細を使用しています。
CHARACTER(1) LATIN

ヒストグラム ヘッダー

この見出しの後に続く情報は、報告される間隔ヒストグラムのヒストグラム ヘッダーから取得されます。

属性 説明 データ型
NumBValues ヒストグラムに含まれるバイアスされた値の数。 SMALLINT
NumEHIntervals ヒストグラムに含まれる等高間隔の数。 SMALLINT
NumHistoryIntervals ヒストグラムの履歴レコードの数。 SMALLINT
NumAmps システムのAMPの数。 INTEGER
NumNulls 複合列またはインデックス セットの行カーディナリティ(このセット内の列には、1つ以上のNULLが含まれる)。 REAL
NumAllNulls 複合列またはインデックス セットの行カーディナリティ(このセット内のすべての列にのNULLが含まれる)。 REAL
AvgAmpRPV NUSIについて、システム内の全AMPにわたる値あたりの平均の行数。

データベースは、NUSIについての値のみを報告します。報告される列セットがNUSIではない場合、値に対する平均AMP行数は0と報告されます。

REAL
Min Value ヒストグラム間隔内の最小データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • 最小値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • 最小値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • 最小値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Value ヒストグラム間隔内で最頻出のデータ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • モーダル値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • モーダル値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • モーダル値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Max Value ヒストグラム間隔内の最大データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • 最大値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • 最大値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • 最大値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Freq。 ヒストグラム間隔内のモーダル値のカーディナリティ。 REAL
Mode FreqPNulls ヒストグラム間隔内のモーダルDISTINCT型の部分的NULLのカーディナリティ。 REAL
NumPNullsDistVals ヒストグラム間隔内のDISTINCT型の部分的NULLセットのカーディナリティ。 REAL
Total Values ヒストグラム間隔内のすべてのデータ値の複合カーディナリティ。 REAL
Total Rows ヒストグラム内のすべての行の複合カーディナリティ。 REAL
Biased Value1 ヒストグラム内で最初にバイアスされた値のデータ値。 ヒストグラム内で最初にバイアスされた値のデータ値のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • 最初にバイアスされた値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • 最初にバイアスされた値が大文字と小文字の区別がないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • バイアスされた値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Biased Freq1 最初にバイアスされた値の出現頻度。 REAL
                                          
Biased Value n ヒストグラム内でn番目にバイアスされた値のデータ値。 ヒストグラム内でn番目にバイアスされた値のデータ値のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • n番目にバイアスされた値がLATIN CHARACTER型またはVARCHAR型以外の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • n番目にバイアスされた値が、大文字と小文字の区別がないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • バイアスされた値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Biased Freq n n番目にバイアスされた値の出現頻度。 REAL

Equal-Height Interval [1]

この見出しの後に続く情報は、報告されるヒストグラムの最初の等高間隔から取得されます。

属性 説明 データ型
Max Value ヒストグラム内の最初の等高間隔の最大データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • 最大値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • 最大値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • 最大値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Value ヒストグラム内の最初の等高間隔のモーダル データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • モーダル値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • モーダル値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • モーダル値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Freq ヒストグラム内の最初の等高間隔のモーダル データ値の頻度。 REAL
LowFrequency ヒストグラム内の等高間隔の最低頻度。

最適化ルーチンは、この値を使用してモーダル頻度と最低頻度と比較した等高間隔の値の偏差を判断します。

REAL
Other Values 間隔内のモーダル値以外の値のカーディナリティ。 REAL
Other Rows 間隔内のモーダル値の行以外の行のカーディナリティ。 REAL

Equal-Height Interval [2]

この見出しの後に続く情報は、報告されるヒストグラムの2番目の等高間隔から取得されます。

属性 説明 データ型
Max Value ヒストグラム内の2番目の等高間隔の最大データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • 最大値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • 最大値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • 最大値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Value ヒストグラム内の2番目の等高間隔のモーダル データ値。

データベースは、報告される列値ごとに個別の列を返します。

列のネイティブ型として格納されます。ただし、次の例外があります。
  • モーダル値が非LATIN CHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUNICODEに変換します。
  • モーダル値が大文字と小文字の区別のないCHARACTER型またはVARCHAR型の場合、データベースはその値をUPPERCASEに変換します。
  • モーダル値のサイズがMAXVALUELENGTHより大きい場合、データベースはその値を切り捨てることがあります。
Mode Freq ヒストグラム内の2番目の等高間隔のモーダル データ値の頻度。 REAL
Other Values 間隔内のモーダル値以外の値のカーディナリティ。 REAL
Other Rows 間隔内のモーダル値の行以外の行のカーディナリティ。 REAL

地理空間ヒストグラム ヘッダー

この見出しの後に続く情報は、報告されるヒストグラム ヘッダーから取得されます。

統計は3D地理空間データの列で収集できますが、収集される統計は、X座標値とY座標値に対してのみです。統計の収集において、Z座標値は無視されます。

属性 説明 データ型
Version このGeoStatsHeaderのバージョン番号。このヘッダー構造内で新しいデータ メンバーが追加または変更されるたびに増分されます。 SMALLINT
NumAmps COLLECT STATSの時点で存在したAMPの数。 SMALLINT
SizeOfLowResGeoGrid 低解像度グリッドのセル数。 INTEGER
SizeOfHighResGeoGrid 元の高解像度グリッドのセル数。 INTEGER
NumberHighResCells 報告される高解像度グリッドの実際のセル数。 INTEGER
MBRxLow 最小X値のすべてのRTREEエントリを囲むMBR (最小外接矩形)。 REAL
MBRyLow 最小Y値のすべてのRTREEエントリを囲むMBR。 REAL
MBRxHigh 最大X値のすべてのRTREEエントリを囲むMBR。 REAL
MBRyHigh 最大Y値のすべてのRTREEエントリを囲むMBR。 REAL
SkewMBRxLow 最小X値の統計を囲むMBR。 REAL
SkewMBRyLow 最小Y値の統計を囲むMBR。 REAL
SkewMBRxHigh 最大X値の統計を囲むMBR。 REAL
SkewMBRyHigh 最大Y値の統計を囲むMBR。 REAL
NumberNulls NULLの数。 BIGINT
NumberRows NULLを含む行の数。 BIGINT
NumberOutliers SkewMBRにカウントされない項目の数。 BIGINT
AvgMBRWidth すべての行を含むMBRの幅の平均。 REAL
AvgMBRHeight すべての行を含むMBRの高さの平均。 REAL
TotalIC 低解像度グリッドの合計交点数。 BIGINT
TotalDC 低解像度グリッドの合計Direct Count。 BIGINT
MudCount 行のMudpiles数。 REAL
NumberLevels RTree内のレベルの最大数。 BIGINT
NumberLeafBlks RTree内のリーフ仮想ブロックの最大数。 BIGINT
NumberLeafRows RTree内のリーフ行の最大数。 BIGINT
NumberLeafEntries RTree内のリーフ エントリの最大数。 BIGINT
LeafRowSpaceUtilization RTree内のリーフ行の最大領域使用率。 BIGINT
NumberDirBlks RTree内のディレクトリ仮想ブロックの最大数。 BIGINT
NumberDirRows RTree内のディレクトリ行の最大数。 BIGINT
NumberPoints すべての行のポイント数。 REAL
NumberLineString すべての行のLineString数。 REAL
AvgSizeLineString すべての行に含まれるLineStringの平均ポイント数。 BIGINT
NumberPolygon すべての行に含まれるポリゴン数。 REAL
AvgSizePolygon すべての行に含まれるポリゴンの平均ポイント数。 BIGINT
NumberGeomColl すべての行に含まれるジオメトリ集合数。 REAL
AvgSizeGeomColl すべての行に含まれるジオメトリ集合のポイント数。 BIGINT
NumberMultiPoint すべての行に含まれるMultiPoint数。 REAL
AvgSizeMultiPoint すべての行に含まれるMultiPointの平均ポイント数。 BIGINT
NumberMultiLineString すべての行に含まれるMultiLineString数。 REAL
AvgSizeMultiLineString すべての行に含まれるMultiLineStringsの平均ポイント数。 BIGINT
NumberMultiPolygon すべての行に含まれるMultiPolygon数。 REAL
AvgSizeMultiPolygon すべての行に含まれるMultiPolygonの平均ポイント数。 BIGINT
LowResCells 以下は、低解像度セルの属性のリストです。
Distinct Count セル内の固有数。 REAL
Intersects Count セル内の交点数。 REAL
HighResCells 以下は、高解像度セルの属性のリストです。
CellID セルのID。 INTEGER
Distinct Count セル内の固有数。 REAL
Intersects Count セル内の交点数。 REAL

レコード モードと標識モードの詳細は、<Basic Teradata®Queryリファレンス、B035-2414>、<Teradata® CLI V2メインフレーム接続システム、B035-2417>、または<Teradata® CLI V2ワークステーション接続システム、B035-2418>を参照してください。