17.05 - 例: 信頼済みセッションの複文リクエストにおける現在のトランザクションに対するクエリー バンドの設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

PROXYUSERとPROXYROLEがクエリー バンドに設定されている場合、システムは複文リクエストに含まれる個別の文の権限を検証するため、信頼済みセッションの権限を適用します。

この例では、プロキシ ユーザーpxyuser3は、tabatabb、およびtabcに対するSELECT権限が必要です。

     SET QUERY_BAND = 'PROXYUSER=pxyuser3;' FOR TRANSACTION
     ;SELECT * FROM qbuser.taba
     ;SELECT * FROM qbuser.tabb
     ;SELECT * FROM qbuser.tabc;