DROP MAP - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

連続マップまたはスパース マップを削除します。

マップが削除されると、PUBLICユーザーとロールからマップが取り消されます。

必要な権限

DROP MAP権限が必要です。

セキュア ゾーンとマップの削除

ユーザーとセキュア ゾーン内でロールを持つユーザーは、別のセキュア ゾーンで作成されたスパース マップ、セキュア ゾーン固有でないスパース マップ、連続マップのいずれも削除できません。

DBCユーザーのみが、別のセキュア ゾーンで作成されたスパース マップを削除できます。

テーブルを含んでいるマップの削除

テーブルを含んでいるマップは削除できません。マップを削除するには、まずテーブルを別のマップに移動する必要があります。 ALTER TABLE(マップとコロケーション形式)を参照してください。

デフォルト マップの削除

ユーザー、データベース、またはプロファイルのデフォルト マップは削除できません。マップを削除するには、まずデフォルト マップをNULLまたは別のマップに設定する必要があります。MODIFY USERについてはDEFAULT MAPオプションを、MODIFY DATABASEについてはDEFAULT MAPオプションを、MODIFY PROFILEについてはDEFAULT MAPオプションをそれぞれ参照してください。

テーブル演算子で使用されるマップの削除

テーブル演算子で使用されているマップは削除できません。<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>の、テーブル演算子のEXECUTE MAPオプションを参照してください。