17.05 - DROP STATISTICSの例(最適化ルーチン形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: 複合インデックスに関する統計の削除

このリクエストは、employeeテーブルのemp_no列とname列に定義された複合インデックスに関する統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX(emp_no, name) ON employee;

例: 名前付きインデックスに関する統計の削除

この例は、unique_1という名前のインデックスについての統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX unique_1 ON table_1;

例: 名前なしインデックスに関する統計の削除

この例は、column_1column_2に対して定義された名前なし複合インデックスについての統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX (column_1,column_2) ON table_1;

例: テーブルに関するすべての統計の削除

このリクエストは、employee表に存在するすべての統計を削除します。

     DROP STATISTICS ON employee;

例: パーティション統計の削除

このDROP STATISTICSリクエストは、table_1という名前のPPI表からPARTITION列に関する統計だけを削除します。

     DROP STATISTICS COLUMN PARTITION ON table_1;

このDROP STATISTICSリクエストは、table_2という名前のPPI表からcolumn_1という名前の列とPARTITION列に関する統計を削除します。

     DROP STATISTICS COLUMN (column_1, PARTITION) ON table_2;

このテーブル レベルDROP STATISTICSリクエストは、table_3という名前のPPIテーブルからPARTITION統計も含めすべての統計を削除します。

     DROP STATISTICS ON table_3;

例: 単一列統計と複数列統計の組み合わせの削除

ordersに対して次の統計を収集するとします。

     COLLECT STATISTICS COLUMN o_orderdatetime,
                        COLUMN o_orderkey,
                        COLUMN (o_orderdatetime, o_orderkey),
                        COLUMN (o_orderkey, o_orderdatetime) 
     ON orders;

次のリクエストは、(o_orderdatetime)と(o_orderkey)に対する単一列統計および(o_orderdatetimeo_orderkey)に対する複数列統計をordersから削除します。

     DROP STATISTICS COLUMN o_orderdatetime,
                     COLUMN o_orderkey,
                     COLUMN (o_orderdatetime, o_orderkey) 
     ON orders;

例: 地理空間列についての統計の削除

このDROP STATISTICSリクエストは、stat_t2表のGeospatial列spに関する統計を削除します。

     DROP STATISTICS COLUMN(sp) ON stat_t2;