例: 定数式を使用したPERM、SPOOLおよびTEMPORARY領域の変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例では、ユーザーのPERM領域を定数式2,000,000 (HASHAMP()+1)に基づいたサイズで作成し、スプール領域を同じ定数式2,000,000 (HASHAMP()+1)に基づいたサイズで作成し、一時領域を定数式2,000,000 (HASHAMP()+1)に基づいたサイズで作成します。これらの式では現在のシステムにあるAMPの数を計算し、そのサイズに合わせてsls120639ユーザーの固定、スプール、および一時領域を拡大します。

これは、ユーザーsls120639の最初の定義です。

     CREATE USER sls120639 AS
       DEFAULT DATABASE = it_dev,
       PASSWORD = (EXPIRE = 0),
       PERM = 2000000*(HASHAMP()+1),
       SPOOL = 2000000*(HASHAMP()+1),
       TEMPORARY = 2000000*(HASHAMP()+1);

次のMODIFY USER文では、このデータベースの固定、スプール、および一時領域の割り当てを次のように変更します。

     MODIFY USER sls120639 AS
       DEFAULT DATABASE = it_dev,
       PASSWORD = (EXPIRE = 0),
       PERM = 3000000*(HASHAMP()+1),
       SPOOL = 3000000*(HASHAMP()+1)
       TEMPORARY = 3000000*(HASHAMP()+1);