17.05 - 例: 選択リストにBEGIN範囲関数を持つ結合インデックスの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例でも例: 選択リストにPERIOD列を持つ結合インデックスの作成で定義した表t1を使用して、選択リストにBEGINバウンド関数を持つ結合インデックスを作成します。

     CREATE JOIN INDEX ji_begin AS 
       SELECT b1, c1, BEGIN(d1) AS b 
       FROM t1;

次にji_beginに対してHELP JOIN INDEXリクエストを実行すると、システムは次のようなレポートを返します。

     HELP JOIN INDEX ji_begin;
Column Name                Type      Comment
-------------------------- --------- ---------------------
b1                         I         ?
c1                         I         ?
b                          DA        ?

ji_beginの列bを使用して、BEGIN(d1)のような同じ問合わせ式をマップすることができます。

例えば、最適化ルーチンは次のリクエストをとることができます。

     SELECT b1, c1, BEGIN(d1) 
     FROM t1; 

これを、結合インデックスを使用する次のリクエストにマップします。

     SELECT b1, c1, b 
     FROM ji_begin;

または、次のリクエストをとることができます。

     SELECT b1,c1 
     FROM t1 
     WHERE BEGIN(d1) < '2008-05-01';

これを、結合インデックスを使用する次のリクエストにマップします。

     SELECT b1,c1 
     FROM ji_begin 
     WHERE b < '2008-05-01';