17.05 - CREATE TABLEおよびCREATE TABLE … AS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

新しいテーブルの列名、列のデータ型と属性、プライマリ インデックスとセカンダリ インデックス、列およびテーブルの制約、パーティション、その他の属性を定義します。CREATE TABLE AS形式は、新しいテーブルに列定義をコピーします。データと統計は、オプションで新しいテーブルにコピーします。

テーブル構造の定義(揮発テーブルを除くすべてのテーブル型)は、データ ディクショナリに格納されます。CREATE TABLE文の処理時は、排他ロックが作成中のテーブルに設定されます。

グローバル一時トレース テーブルの詳細については、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLEを参照してください。

キュー テーブルを作成するには、CREATE TABLE(キュー テーブル形式)を参照してください。

バッチによる挿入および更新エラーを記録するには、エラーの追跡を行なう各データ テーブルのエラー テーブルを作成する必要があります。 CREATE ERROR TABLEを参照してください。

テンポラル テーブルおよびテンポラル構文について詳しくは、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

プライマリ タイム インデックス(PTI)を使用した時系列テーブルの作成については、<Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要、B035-1208>を参照してください。

ANSI準拠

CREATE TABLEは、ANSI SQL:2011に準拠しており、さらに機能が拡張されています。

グローバル一時テーブルはANSI SQL:2011に準拠しています。

その他のSQL言語は、以下のような名前の、類似した非ANSI規格文をサポートしています。

  • DECLARE GLOBAL TEMPORARY TABLE
  • CREATE TEMP TABLE

揮発テーブルは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

その他のSQL言語は、以下のような名前の、類似した非ANSI規格文をサポートしています。

  • DECLARE GLOBAL TEMPORARY TABLE

必要な権限

揮発テーブルを作成、アクセス、修正、または削除するために特に権限は必要ありません。他のすべてのテーブル タイプに関しては、テーブルを作成するデータベースまたはユーザーに対するCREATE TABLE権限が必要です。

JOURNALオプションを指定する場合は、ジャーナル テーブルに対するINSERT権限も必要となります。

UDT列を含むテーブルにアクセスするには、以下の権限の少なくとも1つが必要です。
  • 指定されたUDTに対するUDTUSAGE権限。
  • SYSUDTLIBデータベースに対するUDTUSAGE権限。
  • SYSUDTLIBデータベースに対するUDTTYPE権限。
  • SYSUDTLIBデータベースに対するUDTMETHOD権限。

1つ以上の行レベル セキュリティ列を含むテーブルを作成するには、CONSTRAINT ASSIGNMENT権限も必要になります。

自動的に与えられる権限

テーブルへのアクセスに権限は不要なため、権限は新しく作成された揮発テーブルには付与されません。

他のテーブル タイプに関しては、作成者には新しく作成されるテーブルに対する次のすべてのWITH GRANT OPTION付きの権限が与えられます。
  • CREATE TRIGGER
  • DELETE
  • DROP TABLE
  • DROP TRIGGER
  • DUMP
  • INDEX
  • INSERT
  • REFERENCES
  • RESTORE
  • SELECT
  • STATISTICS
  • UPDATE