17.05 - 例: 多次元ARRAYパラメータの表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語
Last Update
2021-03-30

seismic_cubeという名前の多次元ARRAYを作成すると想定します。次に、ARRAYパラメータがHELP FUNCTIONレポートに表示される仕方の例を示します。 seismic_cubeが1次元のARRAYタイプであれば、そのことはType属性がANではなくA1となることによって示されます。

     HELP FUNCTION  SYSUDTLIB.3d_array;

           Parameter Name P1
                     Type I
                  Comment ?
                 Nullable N
                   Format -(10)9
               Max Length 4
     Decimal Total Digits ?
Decimal Fractional Digits ?
              Table/View? F
                Char Type ?
           Parameter Type I
                 UDT Name ?
           Parameter Name RETURN0
                     Type AN
                  Comment ?
                 Nullable N
                   Format ?
               Max Length ?
     Decimal Total Digits ?
Decimal Fractional Digits ?
              Table/View? F
                Char Type ?
           Parameter Type O
                 UDT Name seismic_cube