17.05 - MODIFY PRIMARY - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

プライマリ インデックスまたは基本AMPインデックスを追加または変更します。MODIFYオプションを含む同じALTER TABLE文では、基本テーブル パラメータを変更することも、テーブルまたは結合インデックスを再検証することもできません。

index_name
名前のないプライマリ インデックスの命名、またはプライマリ インデックスの名前の変更。データベース オブジェクトの命名については、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
(index_column_name)
テーブルのプライマリ インデックスのプロパティを変更します。複合プライマリ インデックスの場合、index_column_nameは、すべてのインデックス列を括弧で囲んだカンマ区切りのリストを示します。プライマリ インデックスの派生PERIOD列の開始列と終了列を指定することはできません。テーブルは空である必要があります。
行レベル セキュリティ制約列をプライマリ インデックスのコンポーネントとして含めるようにテーブルを変更することはできません。
JSONまたはDATASETデータ型の列にプライマリ インデックスは定義できません。
AMP
行は、列パーティション テーブルまたは結合インデックス用に、各AMPにハッシュ分散されます。列パーティション値はそれぞれのAMP上で、内部パーティション番号と列パーティション テーブルまたは結合インデックス用の行ハッシュによって順序付けられます。
読みやすくするために、必要に応じてINDEXキーワードをAMPとともに指定できます。
PRIMARY AMP句を指定する場合、インデックス リスト内に単独で、またはPRIMARY AMP句内で、列パーティション レベルを含むPARTITION BY句を指定する必要があります。
INDEX
PRIMARY INDEX句およびPARTITION BY句が指定される場合、列パーティション レベルがPARTITION BY句に含まれることがあります。PARTITION BY句はPRIMARY INDEX指定に含めることも、単独でインデックス リストに含めることもできます。PARTITION BY句には、行パーティション レベルを含めることができます。
NOT NAMED
名前付きインデックスの名前を削除します。
UNIQUE
非固有プライマリ インデックスを固有プライマリ インデックスに変更します。テーブルは空になっている必要があります。
テンポラル テーブルに固有プライマリ インデックスを含めることはできません。
NOT UNIQUE
固有プライマリ インデックスを非固有プライマリ インデックスに変更します。テーブルは空である必要があります。