例: デフォルトのクエリー バンド値と無視するクエリー バンド値を設定するプロファイルの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
この例では、ユーザーのプロファイルのクエリー バンドはTVSTemperature=COLに設定されます。ユーザーはSET QUERY_BAND文を発行して、TVSTemperature=WARMのより上位の優先順位の名前と値のペアを設定できます。ただし、ユーザーがクエリー バンドをTVSTemperature=HOTに設定すると、名前と値のペアはそのクエリー バンドから破棄されます。
    CREATE PROFILE salesprofile AS,
          QUERY_BAND = ’TVSTemperature=COLD;’ DEFAULT,
          IGNORE QUERY_BAND VALUES =’TVSTemperature=HOT’;