17.05 - ALTER TABLE 行の削除オプション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

論理的に削除された行を、ロード分離(LDI)テーブルまたは結合インデックスから削除します。このオプションは、削除された行によって占有されている領域を回収して再利用する場合に使用します。この操作をLDIテーブルまたは結合インデックスに対して実行する場合、統計を収集する必要があります。領域を定期的に回収して再利用すると、LDIテーブルまたは結合インデックスに対する問合わせのパフォーマンスが向上します。この操作では、論理的に削除済みのマークが付いた行を物理的に削除します。対応するセカンダリ インデックスが最新状態を維持するために更新されます。

この操作を実行するには、DROP TABLE権限が必要です。

削除を実行するテーブルには、EXCLUSIVEロックが設定されます。

DELETED
構文の意味を分かりやすくするために、オプションでDELETEDキーワードを指定できます。
AND RESET LOAD IDENTITY
行のRowLoadIDは、0に設定されます。テーブルのバージョン番号はインクリメントされ、CurrLoadID値は0に設定されます。
このオプションを指定しない場合、テーブルのバージョン番号は変更されません。