17.05 - 例: UDT列のセカンダリ インデックスの定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例は、UDT列を使用してテーブルまたは結合インデックスの固有セカンダリ インデックスおよび非固有セカンダリ インデックスを作成する方法を示します。

最初に、サンプルの列に使用するUDTを定義します。

tbl_integerタイプはINTEGERデータ型に基づくDISTINCT型UDTです。

     CREATE TYPE tbl_integer AS INTEGER FINAL;

tbl_char50タイプもDISTINCT型UDTで、CHARACTERデータ型に基づきます。

     CREATE TYPE tbl_char50 AS CHARACTER(50) FINAL;

tbl_integertbl_char50が両方ともUDTデータ型である、以下のテーブルを定義するとします。table_1のUPIとtable_2のNUPIが共にUDT列に定義されていることに注意してください。

     CREATE TABLE table_1 (
       id       tbl_integer, 
       emp_name tbl_char50) 
     UNIQUE PRIMARY INDEX(id);
     CREATE TABLE table_2 (
       id         tbl_integer, 
       emp_name   tbl_char50, 
       start_date DATE) 
     INDEX(emp_name);

次のUSIはtable_1のUDT列emp_nameに定義されます。

     CREATE UNIQUE INDEX idx_1(emp_name) ON table_1;      

次のNUSIはtable_2のUDT列emp_namestart_dateに定義されます。

     CREATE INDEX idx_2(emp_name, start_date) ON table_2;