DEFAULT MAP - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

ユーザーのデフォルト マップとして、既存の連続マップまたはスパース マップを指定できます。

マップがユーザー作成者のデフォルト マップと同じでない限り、指定されたマップが付与されている必要があります。

スパース マップをデフォルトとして指定するには、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があり、スパース マップはユーザーと同じセキュア ゾーンにある必要があります。

map_name
既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
OVERRIDE ON ERROR
MAP句がCREATE TABLE、CREATE JOIN INDEX、CREATE HASH INDEX文を特定する際にエラーが発生した場合、デフォルト マップを使用します。例えば、MAP句が存在しない連続マップまたは別のセキュア ゾーンのスパース マップを指定すると、警告メッセージが表示されます。メッセージは、指定されたマップが使用されていないことを示し、代わりに使用されるデフォルトのマップの名前を一覧表示します。
これは、デフォルトです。
OVERRIDE NOT ON ERROR
CREATE TABLE、CREATE JOIN INDEX、またはCREATE HASH INDEX文にMAP句が指定されているときにエラーが発生する場合は、デフォルト マップを使用しないでください。
NULL
デフォルトのマップはユーザーに関連付けられていません。