17.05 - PATHPATTERN - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
次の形式の、スラッシュ(/)文字で区切られた一連の変数として、キー フィルタリングのアクセス情報を指定します。
 /$variable_name

スラッシュ文字の後に変数名を指定する必要があります。変数名は、ドル($)記号で始める必要があります。pathpattern文字列カテゴリには重複する変数名を指定することはできません。

キーでレベルを区別するには、区切り記号としてスラッシュ文字を使用します。pathpattern文字列の末尾にスラッシュは使用できません。パス パターン内の変数は、キー接頭辞の場所文字列のエントリと一致します。キー接頭辞での最初の変数は、バケット名の後の最初のエントリに対応します。以下に例を示します。

 /$category/$filetype/$year/$month 

上記は下記のキー接頭辞に対応します。

 US-Crimes/csv-files/2001/Dec/ 
value
デフォルト値は次のとおりです。
'$Var1/$Var2/$Var3/$Var4/$Var5/$Var6/$Var7/$Var8/$Var9/$Var10
/$Var11/$Var12/$Var13/$Var14/$Var15/$Var16/$Var17/$Var18/$Var19/$Var20'