17.05 - 例: 地理空間列に対するHELP STATISTICS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のCOLLECT STATISTICSリクエストを実行したとします。o_spatial_locationは、地理空間列です。

     COLLECT STATISTICS 
       COLUMN o_orderdatetime,
       COLUMN o_orderkey,
       COLUMN o_spatial_location
     ON orders;

次のHELP STATISTICSリクエストは、地理空間列の情報を報告するordersのサマリー統計情報を返します。この情報には、最適化ルーチンに通知されるテーブル カーディナリティが含まれます。これは、列値が*の行で示されています。

地理空間データ型では固有値の概念が無意味になるため、HELP STATISTICSリクエストは、常に、地理空間列(この例では、o_spatial_location)が位置する基本テーブルの行の合計数を返します。

     HELP STATISTICS orders;
     *** Help information returned. 3 rows.
     *** Total elapsed time was 1 second.
Date      Time       Unique Values        Column Names
-------- -------- -------------------- ----------------------------
10/08/16 18:14:36               100        *
10/08/16 18:10:48               100        o_orderdatetime
10/08/16 18:05:44               100        o_orderkey
10/08/16 18:19:08               100        o_spatial_location