table_options - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

外部テーブルのテーブル オプションを指定します。

Parquetとしてフォーマットされた外部データの場合、以下のテーブルレベルのオプションを指定することはできません。
  • 行パーティション化
  • 副行パーティション化
  • 複数列パーティション
  • 自動圧縮
MAP
既存の連続マップまたはスパース マップをテーブルに指定できます。
マップの指定はオプションです。マップを指定しない場合、デフォルトのマップは次の優先順位に従って決定されます。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。
Teradata Vantage™ - SQLデータ制御言語、B035-1149のGRANT MAPを参照してください。また、CREATE PROFILE DEFAULT MAPオプションとCREATE USER DEFAULT MAPオプションも参照してください。
map_name
既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
COLOCATE USING colocation_name
必要に応じて、テーブルがプライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックスで結合されたときに行の再配置を回避するために、同じAMP上に存在するようにコロケーション名を指定することができます。例えば、2つのテーブルを併置してから、プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列のテーブルを結合することができます。
このオプションは、スパース マップに対してのみ指定できます。連続したマップの場合、colocation_nameはコロケーションには不要でありNULLに設定されます。
コロケーション名を指定しない場合、名前はデフォルトでdatabase_tableになります。databaseはデータベースの名前、次に下線(_)が続き、tableがテーブルの名前になります。databaseが63文字を超える場合、databaseは63文字に切り捨てられます。tableが64文字を超える場合、tableは64文字に切り捨てられます。
CREATE TABLE ASsource_table文に対し、作成されたテーブルのマップはデフォルトでソース テーブルのスパース マップになり、colocation_nameはデフォルトでソース テーブルのコロケーション名になります。