17.05 - method_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
INSTANCE
定義するメソッド シグネチャはインスタンス メソッドです。
これは、デフォルトです。
CONSTRUCTOR
定義するメソッド シグネチャは、コンストラクタ メソッドです。
SYSUDTLIB
method_nameがSYSUDTLIBデータベースで作成されることを示すオプションのキーワード。
すべてのメソッドは、SYSUDTLIBデータベース内に作成する必要があります。
method_name
UDT_nameの型定義にシグネチャが追加されるメソッドの名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
AS LOCATOR
パラメータ型BLOBまたはCLOBがロケータで表わされるように指定します。ロケータの説明は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。LOBパラメータは、常にロケータで表わす必要があります。Vantageは、メモリ内LOBパラメータをサポートしていません。LOBパラメータと戻り値ごとに、AS LOCATOR句を指定する必要があります。
データ型変換を必要とするLOBをメソッドに渡すときには、変換を行なうためにLOBを実体化する必要があります。
CAST FROM
RETURNS句で指定した型に変換する、外部関数から返された結果型。
...RETURNS DECIMAL(9,5) CAST FROM FLOAT...
data_type
データ型変換を必要とするLOBをメソッドに渡すときには、変換を行なうためにまずLOBを実体化する必要があります。
UDT_name
UDTの名前。
specific_method_name
UDT_nameの型定義にシグネチャが追加されるメソッドの特定名。
SELF AS RESULT
このメソッドはデータ型を保持します。
SELF AS RESULTを指定する場合、メソッドのRETURNS句に指定するデータ型はUDT_nameと同じ名前にする必要があります。