17.05 - PERIOD FOR - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

派生PERIOD列。

DATE列またはTIMESTAMP列は、派生PERIOD列定義の1つにのみ含めることができ、期間の開始と期間の終了の両方ではなく一方としてのみ使用できます。派生PERIOD列の開始列と終了列のデータ型は一致している必要があります。この一致には、同一のプロパティ、同一のDATEまたはTIMESTAMPデータ型、および同一の形式列属性が含まれます。

1つのテーブルには、複数の派生PERIOD列を含めることができます。追加する派生PERIOD列ごとに、非派生PERIOD列の最大制限数2048列が1列減少します。

派生PERIOD列に対するPERIOD算術演算は、WHERE句またはON句内以外では実行できません。

派生PERIOD列には、次の制限があります。

  • 射影できない
  • プライマリ インデックスまたはセカンダリ インデックスに含められない
  • PARTITION BY COLUMN句の一部として指定できない
  • 含まれる列属性
period_name
派生PERIOD列の名前。テーブル内の他の列の名前と同じにすることはできません。
period_begin_column
期間の開始位置として使用するDATEまたはタイムスタンプ列。
period_end_column
期間の終了位置として使用するDATEまたはタイムスタンプ列。
UNTIL_CHANGEDを指定できます。