17.05 - DROP column_name - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

名前付きの列をテーブルから削除します。
キュー テーブルからQITS列を削除することはできません。列パーティション テーブルに対して、Vantageは列パーティションから指定された列を削除します。
指定された列が列パーティション内の唯一の列であり、パーティションが唯一の列パーティションではない場合、Vantageはそのパーティションを削除します。単一の列を持つ列パーティションが、テーブルまたは結合インデックスで定義されている唯一の列パーティションである場合、その列パーティションを削除することはできません。派生PERIOD列の開始列または終了列として使用中の列を削除することはできません。

テンポラル列の削除について詳しくは、<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

IDENTITY
指定された列の識別列の属性をテーブルから削除します。
IDENTITYの指定はオプションです。
既存のテーブルから識別列を削除することができます。
Teradata Unityを使用する場合、識別列を持つテーブルへの行のバルク データ ロード挿入を実行することはできません。ただし、このオプションを指定して、列とデータを維持しながら識別列の属性のみを削除できます。これは、テーブルの識別列が固有プライマリ インデックスでもある場合に役立ちます。Teradata Unityは、識別列機能を必要とするテーブルの識別列のような値を生成するために、独自のメカニズムを提供しています。詳細は、<Teradata Unity>のマニュアルを参照してください。