17.05 - column_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

列セットの統計が収集されます。

expression
統計を収集する式または式のリスト。式の結果は、フィールド統計を直接収集できる整数、文字、日付などのデータ型になる必要があります。式では、スカラーUDFとUDT、およびPeriod型の列のBEGINまたはEND式を参照していてもかまいません。使用可能な式については、<Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「SQL式」を参照してください。
RANDOMや非確定UDFなどの非確定の式と、非確定のCASTまたはEXTRACT操作は指定できません。
column_name
統計を収集する列の名前を指定します。
結合統計を収集できる列の最大数は、1つのCOLLECT STATISTICSリクエストにつき64です。
Period、JSON、XML、BLOB、CLOB、またはGeospatial以外の任意のUDTのデータ型を持つ列に関する統計情報を収集できません。
Period型の列のBEGINおよびEND式についての統計は収集できます。
地理空間NUSI列は、その他の列と同時に指定することはできません。
統計はJSON型の抽出部分に収集することができます。<Teradata Vantage™ - JSONデータ型、B035-1150>を参照してください。
PARTITION
テーブルのシステム派生のPARTITION列セットに関する統計が収集されます。
行または列によってパーティション化されるテーブルに関するPARTITION統計を収集する必要があります。これは、最適化ルーチンはそれらを使用してパーティション除去に基づいてコストとカーディナリティの見積もりを行なうためです。パーティション化されたすべてのテーブルの場合、最新の情報に更新する操作には、システム派生のPARTITION列を含める必要があります。
このオプションは、地理空間NUSIに対する統計の収集には使用できません。
システム派生PARTITION#Ln列の統計を収集することはできません。
statistics_name
収集された統計がstatistics_nameの下に保存されます。
statistics_nameは、統計が列参照以外を対象とする場合に必要になります。 統計の再収集時、列の順序が異なる場合や、既存の統計に完全一致する式が見つからない場合、最適化ルーチンは新規として統計を収集します。統計に名前を付けて、再収集時にその名前を使用することで、統計の新規セットが作成するのではなく、既存の統計が再収集されることが保証されます。
COLUMN PARTITIONまたはCOLUMN (パーティション)では、このオプションを指定できません。
再収集、コピー、転送、HELP STATISTICS、SHOW STATISTICS、およびDROP STATISTICSの統計名を使用できます。