使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

ユーザー、データベース、またはプロファイルのDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプション

指定したマップが何らかの理由で有効でない場合(存在しない、マップが付与されていない、または同じセキュア ゾーンにないなど)、Vantageはデフォルト マップを置き換えるか、またはPROFILE、USER、またはDATABASEのDEFAULT MAP設定の値次第でエラーを返します。

CREATE USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、またはCREATE PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

関数で使用されるマップ(テーブル形式)

マップは、優先順位に従って示される次のいずれかです。
  • テーブル演算子を実行するSELECT文のFROM句に含まれるEXECUTE MAPオプションによって指定される場合、マップ。 詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。
  • CREATE FUNCTION文の一部としてEXECUTE MAPオプションにより指定される場合、マップ。
  • ユーザーのデフォルト連続マップ。

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。