例: addressという名前のUDT用のtimezoneという名前のメソッドの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の例は、addressという名前のUDTのインスタンス メソッドtimezoneの定義を作成します。このメソッドの外部ルーチンはTeradataプラットフォームに保管され、その場所はEXTERNAL NAME句で指定されます。

    CREATE METHOD timezone( address )
      RETURNS CHARACTER(3)
      FOR address
      EXTERNAL NAME 'SO!C:\structured_lib\addr_timezone.c!F!in_state';