17.05 - 例: SELECTリクエストに対するQUALIFIEDオプションを使用したSHOW - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: 複数のビューにアクセスするSELECTリクエストに対するSHOWでは、いずれのビューも、それを含むデータベースの名前で修飾されていないことに注意してください。

QUALIFIEDオプションを使用して、依存関係の分かりにくさを解決するレポートを生成します。

例: 複数のビューにアクセスするSELECTリクエストに対するSHOWと同じシナリオを考えますが、今回は、レポートを修飾しなければならないことを指定します。

     SHOW QUALIFIED SELECT * 
                    FROM view_3;

レポートは、次のように表示されます。

     *** Text of DDL statement returned.
     *** Total elapsed time was 1 second.
     -------------------------------------------------------------
     CREATE SET TABLE international.table_1, NO FALLBACK,
     NO BEFORE JOURNAL,
     NO AFTER JOURNAL
     (zno INTEGER)
     PRIMARY INDEX (a);
     *** Text of DDL statement returned.
     -------------------------------------------------------------
     CREATE SET TABLE us.table_1, NO FALLBACK,
     NO BEFORE JOURNAL,
     NO AFTER JOURNAL
     (eno INTEGER)
     PRIMARY INDEX (eno);
     *** Text of DDL statement returned.
     -------------------------------------------------------------
     CREATE VIEW "international"."view_1" AS SELECT * FROM      "international"."table_1";
     *** Text of DDL statement returned.
     -------------------------------------------------------------
     CREATE VIEW "us"."view_1" AS SELECT * FROM "us"."table_1";
     *** Text of DDL statement returned.

-------------------------------------------------------------

     CREATE VIEW "international"."view_3" AS SELECT * FROM      "international"."view_1"."zno", "us"."view_1"."eno";

このレポートのビュー定義はそれぞれ完全に修飾されているので、例: 複数のビューにアクセスするSELECTリクエストに対するSHOWでの曖昧さが解消されています。