17.05 - 1次元VARRAY - Oracle互換形式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
SYSUDTLIB
array_type名の格納先データベースの名前[オプション]。
唯一の有効なデータベース名はSYSUDTLIBです。
array_type_name
作成する1次元VARRAY型の名前。
名前にマルチバイト文字を含むオブジェクトがデータベースのUDFライブラリにある場合、新規オブジェクト名に1バイト文字のみが含まれる場合でも、シングルバイトのセッション文字セットを使用して、新たなUDF、UDT、メソッド、またはJavaストアド プロシージャのオブジェクトを作成することはできません。作成しようとすると、システムは要求元にエラーを返します。代わりにマルチバイトのセッション文字セットを使用します。
number_of_elements
作成する1次元VARRAY型の構成要素数。符号なしINTEGER値である必要があります。
1次元ARRAY型は、64,256バイトの最大サイズを持つことができます。
ARRAYの自動生成変換文字列では、64,256バイトの最大サイズが可能です。ARRAYの自動生成されたデータ変換文字列のサイズはDBS VARCHAR型の最大サイズに制限されます。構成要素数の全体的な制限は構成要素のサイズおよび変換のサイズに応じて異なります。変換のサイズを計算する方法の詳細については、Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143を参照してください。
data_type
1次元VARRAY型の基になるデータ型。
配列の構成要素型は、DISTINCT型UDT、STRUCTURED型UDT、PERIODの各データ型を含む既存のVantageデータ型から選択する必要があります。以下を除く、すべてのVantageの事前定義データ型を指定できます。
  • BLOB
  • CLOB
  • DISTINCT型とSTRUCTURED型のLOBベースのUDT
  • Geospatial
  • 1次元ARRAY型
  • 多次元ARRAY型
  • JSON
  • XMLおよびXMLTYPE
  • DATASET
文字サーバー データ セットKANJI1を指定することはできません。指定した場合、リクエスト元にエラーが返されます。
事前定義データ型の説明については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。
DEFAULT NULL
型の作成時にarray_type_nameのすべての要素をNULLに初期化します。