17.05 - MODIFY USER - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定したユーザーに割り当てられたシステム パラメータを変更します。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

その他のSQL用語は、ALTER USERなどの名前の、類似した非ANSI規格文をサポートしています。

必要な権限

変更を実行するユーザー DROP USER権限を必要とする対象
変更するユーザー以外。 参照されるユーザー。
変更するユーザー。 自分(次のいずれかのパラメータを変更している場合):
  • PERMANENT
  • SPOOL
  • ACCOUNT
  • PROFILE

    プロファイルを割り当てるか、変更するMODIFY USERリクエストを実行するには、DROP PROFILE権限が必要です。

自分に対するDROP USER権限は、他のパラメータを変更する際には必要はありません。

ユーザーの行レベル セキュリティ制約を割り当て、変更、または削除するには、CONSTRAINT ASSIGNMENT権限が必要です。

MODIFY USERを使用してデータベースを変更することはできません。 MODIFY DATABASEを参照してください。

自動的に与えられる権限

MODIFY USER ... DEFAULT JOURNAL TABLE要求を正常に実行依頼すると、次の権限がジャーナル テーブルのユーザーに自動的に付与されます。
  • DROP TABLE
  • INSERT