17.05 - FROM source - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

FROM 句の詳細については、< Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

database_name
table_nameが現在のデータベース以外のデータベースに含まれる場合のオプションのデータベース名。
user_name
table_nameが現在のユーザー以外のユーザーに含まれている場合のオプションのユーザー名。
table_name
結合インデックスに含める列(単数または複数)を含んでいる表の名前、または少なくとも1以上の他の表と結合して結合インデックスを作成する表の名前。以下のデータベース オブジェクトに対して結合インデックスを定義することはできません。
  • グローバル一時テーブル
  • ハッシュ インデックス
  • 結合インデックス
  • ジャーナル テーブル
  • 通常ビュー
  • キュー テーブル
  • 再帰ビュー
  • 揮発テーブル
FROM句の各テーブルは、固定column_nameリストまたは反復column_nameリストにある列を少なくとも1つ含んでいる必要があります。
単一テーブルの結合インデックスの場合、FROM句のテーブルのすべての列がcolumn_nameリストに含まれている必要があります。
単一テーブルの結合インデックスの列パーティションのみを定義できます。
それぞれのテーブル名は、必要な場合にはデータベース名によって修飾することができ、結合インデックス定義全体で参照される異なる列を最大64個含めることができます。
各テーブルは、結合条件を使用して、少なくとも1つの他のテーブルと接続されている必要があります。相互結合条件と完全外部結合条件は、サポートされていません。
table_name参照の許容最大数は、SELECTリクエストに対するシステム制限と同じです。
FROM句には、任意の数の単純なテーブルを含めることができますが、単一の結合される単純でないテーブルの式に限定されます。例えば、単純なテーブル リストまたは単一の単純ではないテーブル式を使用できます。
FROM table_1, table_2, table_3,  table_4
FROM (table_1 INNER JOIN table_2 ON x1 = x2)
INNER JOIN (table_3 ON x1 = x3)
次の例は無効です。単純でないテーブル式が複数あるためです。
 FROM (table_1 INNER JOIN table_2   ON table_1 x1 = x2),(table_3 
 INNER JOIN table_4 ON x3 = x4)
correlation_name
table_nameの別名。
correlation_nameの前のキーワードASは任意指定です。