17.05 - 例: 簡単な条件に対するSHOW QUERY LOGGING - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、ルール階層の最初の検索レベルでルールが一致する可能性がある単純な状況で、SHOW QUERY LOGGINGリクエストが問合わせロギング ルールをどのように報告するかを示しています。例: 任意のアカウント文字列に対するすべてのユーザーを記録するDBQLルールのレポートから例: MultiLoadユーティリティに対するDBQLロギング ルールのレポートを参照してください。

次の問合わせロギング ルールが、SQLテキストおよびDBC.DBQLRulesビューのテキストで示すように作成されます。

BEGIN QUERY LOGGING ON ALL;

この文は、デフォルトのオプションを使用して、すべてのユーザーおよびすべてのアカウントに対するロギング ルールを作成します。

DBC.DBQLRulesのルール1の行は、次のとおりです。

    Rule UserName   "ALL" (From an ALL rule)
      Rule UserId   00000000
          Account   (Rule for any Account)

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

BEGIN QUERY LOGGING ON ALL ACCOUNT = 'finance';

このリクエストは、アカウント名financeでログオンしたすべてのユーザーに対するロギング ルールを、デフォルトのロギング オプションを使用して作成します。

DBC.DBQLRulesのルール2の行は、次のとおりです。

    Rule UserName   "ALL" (From an ALL rule)
      Rule UserId   00000000
          Account   FINANCE

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

BEGIN QUERY LOGGING ON user1 ACCOUNT = 'marketing';

このリクエストは、user1がアカウント名marketingでログオンしたときのこのユーザーに対するロギング ルールを、デフォルトのオプションを使用して作成します。

DBC.DBQLRulesビューを使用して表示されるルール3の行は次のようになります。

Rule UserName   user1
      Rule UserId   00001244
          Account   MARKETING

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

BEGIN QUERY LOGGING ON user1 ACCOUNT = 'hr';

このリクエストは、user1がアカウント名hrでログオンしたときのこのユーザーに対するロギング ルールを、デフォルトのロギング オプションを使用して作成します。

DBC.DBQLRulesのルール4の行は、次のとおりです。

Rule UserName   user1
      Rule UserId   00001244
          Account   HR

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

BEGIN QUERY LOGGING ON user1;

このリクエストは、user1が任意のアカウント名でログオンしたときのこのユーザーに対するロギング ルールを、デフォルトのオプションを使用して作成します。

DBC.DBQLRulesのルール5の行は、次のとおりです。

Rule UserName   user1
      Rule UserId   00001244
          Account   (Rule for any Account)

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

BEGIN QUERY LOGGING ON APPLNAME = 'multload';

このリクエストは、MultiLoadアプリケーションに対するロギング ルールをデフォルトのオプションを使用して作成します。

DBC.DBQLRulesのルール6の行は、次のとおりです。

Rule UserName   "ALL" (From an ALL rule)
      Rule UserId   00000000
          Account   (Rule for any Account)
  ApplicationName   MULTLOAD

       DBQL RULE:
          Explain   F
           Object   F
              SQL   F
             Step   F
          XMLPlan   F
       StatsUsage   F
         UseCount   F
            Param   F
          Verbose   F
     StatsDetails   F
      UtilityInfo   F
          Summary   F
        Threshold   F
  Text Size Limit   200

これらのルールの階層は、以下のとおりです。

階層レベル ルール番号
1 6
2 3
3 4
4 5
5 2
6 1