17.05 - DROP TABLE構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
TEMPORARY
削除するテーブルは、グローバル一時テーブルの実体化されたインスタンスです。
TEMPORARYを指定せずに、table_nameにグローバル一時テーブルを指定する場合は、グローバル一時定義テーブルの基本テーブルが削除されます。
グローバル一時テーブルの基本テーブルの実体化されたインスタンスがシステム内のどこかに存在する場合には、そのテーブルを削除することができず、エラーが返されます。
TEMPORARYは、グローバル一時テーブル以外のデータベース オブジェクトに指定すると無効です。
TEMPORARYは、ALLキーワードと共に指定すると無効です。
FOREIGN
外部テーブルを削除するときに読みやすくするために指定できるオプションのキーワード。
外部のテーブルを削除する際は、外部のファイル ソースはどのような方法でも変更されません。Vantageのローカル情報のみが削除されます。
database_name
user_name
指定された基本テーブルまたはキュー テーブルの格納先データベースまたはユーザーの名前。
この指定が必要なのは、削除するテーブルが現行データベースとは異なるデータベースに含まれる場合だけです。
table_name
削除する基本テーブルまたはキュー テーブルの名前。
table_nameの指定でジャーナル テーブルを識別することはできません。
削除するテーブルが、それに関連するトリガー、ハッシュ インデックス、結合インデックスを持っている場合は、最初にそのトリガー、ハッシュ インデックス、結合インデックスを削除する必要があります。そうしない場合、リクエストはアボートします。
ALL
他のトランザクションによってアクセスされていなければ、グローバル一時テーブルの基本テーブルの定義およびその実体化されたインスタンスはすべて削除されます。
ALLは、グローバル一時テーブル以外のデータベース オブジェクトに指定すると無効です。
ALLは、TEMPORARYキーワードと共に指定すると無効です。
このオブジェクトにアクセスしている、開いているすべてのトランザクションのコミットには長い時間がかかる場合があるため、このオプションを使用する場合には注意が必要です。
ALLを指定しない場合に、グローバル一時テーブルが他のセッションで実体化されていると、Vantageはリクエストをアボートします。