17.05 - assignment_statement - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

SET文

参照整合性ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。

割り当て文に対しこれらのオプションを指定することができます。

SET
値を変数またはパラメータに割り当てるために使用されるSET文の前に指定するキーワード。
UDT式をUDT変数またはパラメータに割り当てることができます。ただし、ミュテーターSET句の構文(ミュテーターSET句の構文の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のUPDATEを参照)はSET文内でサポートされません。これは、標準の非ミュテーターSET句形式(等号の一方の側に列参照を置き、反対側に適切なミュテーターを含むUDT式を置く)を使用することによって対処できます。
assignment_target
値を代入する変数またはパラメータの名前。
パラメータに割り当てる場合、INパラメータに割り当てることはできません。
変数に割り当てる場合、QUERY_BANDという名前にすることはできません。
状態変数の値をSQLプロシージャの中で設定することはできません。
assignment_source
変数に割り当てる値の入った算術式または文字列式。
SQLプロシージャのローカル変数、状態変数、INまたはINOUTパラメータ、およびFORループ列および相関名を、assignment_source (値式とも呼ばれる)の中に指定できます。