17.05 - 列パーティション結合インデックスの列データのグループ化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

列パーティション結合インデックスの列データは、列指定リストまたはインデックスのパーティション内のどちらか一方でグループ化できますが、その両方でグループ化することはできません。以下は、列パーティション データをインデックスの列リストを使用してグループ化する場合の構文の説明です。

(column_name)
1つの列パーティションにまとめてグループ化される列のリスト。このオプションは列パーティション結合インデックスにのみ指定できます。
  • 列グループより前にCOLUMNキーワードを置くと、Vantageは列パーティションをCOLUMN形式を使用して格納します。
  • 列グループより前にROWキーワードを置くと、Vantageグループ化された列をROW形式を使用して格納します。
  • COLUMNもROWも指定しない場合、グループ化された列をCOLUMNとROWのどちらの形式を使用して格納するかはVantageにより決定されます。
database_name.table_name
user_name.table_name
column_nameまたはROWIDを固有に識別するために必要な場合、column_nameへの完全修飾パスまたは圧縮結合インデックス定義での反復column_nameリスト。
COLUMN
以下の(column_name)指定でグループ化される列は、COLUMN形式を使用して格納されます。
COLUMNもROWも指定しない場合、使用する格納形式はVantageにより決定されます。
このオプションをPARTITION BY句に指定することもできますが、同じ結合インデックスの選択リストとPARTITION BY句の両方にCOLUMNオプションまたはROWオプションを指定することはできません。
ROW
以下の(column_name)指定でグループ化される列は、ROW形式を使用して格納されます。
このオプションをPARTITION BY句に指定することもできますが、同じ結合インデックスの選択リストとPARTITION BY句の両方にCOLUMNオプションまたはROWオプションを指定することはできません。
ROWもCOLUMNも指定しない場合、使用する格納形式はVantageにより決定されます。
column_alias
AS column_alias
column_nameの別名。式の場合、この指定は必須です。
  • 結合インデックスにプライマリ インデックスが含まれている場合、システム生成のROWID列の別名はオプションです。
  • 結合インデックスが列パーティションされている場合、システム生成のROWID列の別名は必須です。
選択リストで指定するすべての式には、別名が付けられている必要があります。
column_name_aliasの前にASキーワードを入れるかどうかはオプションです。
集約結合インデックスを作成する場合、CountStarという名前を使用してはなりません。システムは、その名前を集約定義で合計、カウント、または抽出される任意の式のために予約しているからです。
AUTO COMPRESS
列パーティション結合インデックスの列パーティションの自動圧縮を有効にします。Vantageが物理行のサイズを減らせる場合、最適な圧縮方法を自動的に決定して適用します。AUTO COMPRESSがデフォルトです。
Vantageは、基本テーブルのインデックス列にユーザー指定の圧縮が指定されていればその圧縮を適用し、COLUMN形式の列パーティションには行ヘッダー圧縮も適用します。
自動圧縮の詳細は、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184のCREATE TABLEおよびTeradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094を参照してください。
NO AUTO COMPRESS
列パーティション結合インデックスの列パーティションの自動圧縮を無効にします。このオプションはプライマリ インデックスの結合インデックスには指定できません。