17.05 - 例: IN TABLE、OUT TABLE、およびパラメータ オプションを使用した関数マッピングの定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下は、サーバーcoprocessor上の関数glmの関数マッピング定義glmです。

関数処理中に、SELECT FROMテーブル演算子USING句で次のオプションを指定できます。
  • InputTable(入力テーブルの相関名として)
  • OutputTable(出力テーブルとして)
  • パラメータ(ColumnNamesCategoricalColumnsFamilyLinkWeightThresholdMaxIterNumInterceptStepなど)
CREATE FUNCTION MAPPING appl_view_db.glm 
   FOR glm SERVER coprocessor 
   MAP JSON ( '{ "function_version": "1.0" }') 
   USING 
   InputTable IN TABLE,  
   OutputTable OUT TABLE,  
   ColumnNames, CategoricalColumns, Family, 
   Link, Weight, Threshold, MaxIterNum, Intercept, Step;