17.05 - 例: パラメータとローカル変数を持つプロシージャの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
mdr1472255012272

以下の例は、以下のパラメータとローカル変数を伴うsp_sample1という名前の有効なSQLプロシージャを作成します。

変数のタイプ 変数の名前
IN ip
OUT op
ローカル変数 var1

ipについてはパラメータ タイプを指定していないため、デフォルト タイプのINが適用されます。このプロシージャには条件ハンドラは含まれていません。

    CREATE PROCEDURE sp_sample1(   ip INTEGER, 
                               OUT op INTEGER) 
    BEGIN DECLARE var1 INTEGER;
      SELECT col1 INTO var1 
         FROM tab1 
         WHERE col2 = ip;
      SET op = var1 * 10;
    END;