DROP CAST - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ncd1596241368722.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

UDTのキャスト定義をデータ ディクショナリから削除します。

DISTINCT型UDT用のシステム生成キャストを削除することもできます。DROP CASTを実行しても、システムは関連する外部キャスト ルーチンを削除しません。

ビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロが参照しているキャストは削除しないでください。キャスト削除には制約事項はありません。ビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロが参照していても、システムはDROP CASTリクエストを常に実行します。ただし、キャストの削除後に削除されたキャストを参照するビュー、ストアド プロシージャ、トリガー、またはマクロを使用しようとすると、要求元にエラーが返されます。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011に準拠しています。

必要な権限

UDTに対するユーザー定義キャストを削除するには、SYSUDTLIBデータベースへのUDTTYPEまたはUDTMETHOD権限が必要です。